研究論文

大学書道研究

第1号「洛陽出土の墓誌銘の書と墓主の居住地との関連性-北魏洛陽城内で使用される「巍」字を中心に-」(愛媛大学東賢司)

第2号「北朝魏墓誌における基準例画定の試み-『干禄字書』を利用して-」(愛媛大学東賢司)

第3号「南北朝墓誌銘所見の経典引用と撰文者の学風-皮錫瑞の今文・古文分類法を援用して-」(愛媛大学東賢司)

第4号「北魏墓誌銘と造像題記の接点-洛陽龍門第一四四三窟を利用して-」(愛媛大学東賢司)

第5号「北斉隷書墓誌銘の起源-相州に関連する人物を手がかりとして-」(愛媛大学東賢司)

第6号「北朝墓誌の作製と中央省官の関連性-中書舎人常景を端緒として-」」(愛媛大学東賢司)

第7号「中国六世紀の墓誌銘の四言詩句に見られる字句と書風の伝承」(愛媛大学東賢司)

第8号「業城周辺に見られる東魏・北斉墓誌の出土地及び隷書再発現の具体的地点」(愛媛大学東賢司)

第9号「隋代に見られる隷書墓誌銘の特徴と書法伝播」(愛媛大学東賢司)

第10号「北魏洛陽の墓誌と水運の関連性に関する一考察」(愛媛大学東賢司)

第11号「清水・白溝周辺出土の北魏墓誌銘の書風と河川の関連性-『水経注図』を手がかりとして-」(愛媛大学東賢司)

第12号「北魏・北斉から隋への石刻作製技術の伝承-墓誌蓋の形式的変化を追う-」(愛媛大学東賢司)


愛媛書道研究

第1号(2011年3月)

「北魏墓誌のグループ化と居住・埋葬地」(愛媛大学・東賢司)

「魏晋南北朝墓誌の形式についての試論-正方形の有蓋墓誌が完成する過程を追って-」(愛媛大学・東賢司)

 「墓誌の銘文中に見る南北朝時代の婚姻の記録について」(愛媛大学・東賢司)

第2号(2012年3月)

「魏晋南北朝時代の男性の墓誌の書に関する検討」(愛媛大学・東賢司)

「魏晋南北朝時代の女性の墓誌の書と地域性」(愛媛大学・東賢司)

第3号(2013年3月)

「墓主の官位と墓誌の大きさ」(愛媛大学・東賢司)

「墓誌の作者」(愛媛大学・東賢司)

「墓誌に見られる婚姻の記録」(愛媛大学・東賢司)

第4号(2014年3月)

「魏晋南北朝時代の墓誌銘に見られる異体字について」(愛媛大学・東賢司)

第5号(2015年3月)

「山東省の墓誌Ⅰ -賈思伯墓誌の記述内容と書法-」(愛媛大学・東賢司)

「山東省の墓誌Ⅱ -東清河崔氏の墓誌-」(愛媛大学・東賢司)

第6号(2016年3月)

「墓誌資料の教育的活用」(愛媛大学・東賢司)

第7号(2017年3月)

「常用漢字と墓誌銘の字体(本文編)」(愛媛大学・東賢司)

「常用漢字と墓誌銘の字体(資料編)」(愛媛大学・東賢司)

第8号(2018年3月)

「日本人の教育観・文化観の変化―国語科書写の未履修問題から見る手書き文字の未来―」(愛媛大学・東賢司)

第9号(2019年3月)

墓誌研究序論